内定をもらうには・・・。就職活動で面接において大切なポイントとは

面接室に入るときのポイント

就職活動の面接は、面接室に入るときからが勝負になります。まず部屋に入るときには必ずノックをして、「失礼します」とハキハキした口調で言いましょう。部屋に入るとまず、名前を述べて、「よろしくお願いします」と面接官に挨拶しましょう。そして椅子が用意されていてもすぐに座らずに、面接官が「おかけ下さい」などと言ってから座るようにします。面接に入る前にまずここまでがきちんとできていることが、社会人としての基本とみなされるのです。

挨拶と礼儀のポイント

面接の際には、挨拶でも自己紹介でも、何よりまずハキハキとした物言いがとても大切になってきます。そして面接官の話を聞くときや自分が話すとき、どちらの場合にもきちんと面接官の目を見ることも大切です。礼儀作法としては、正しい言葉使いやお辞儀、そして笑顔もポイントです。必要以上に堅苦しく構える必要はありません。あくまでも自然体で日頃の自分の良さを出せること、そして明るい元気な笑顔は好感が持たれるでしょう。

自己アピールや志望動機のポイント

面接では自己アピールや志望動機を述べてくださいと言われることが多いものです。この二点に関しては、しっかりと事前にどのようなことを言うかをシュミレーションしておくことが大切です。自己アピールでは自分の長所や特技について、簡潔にまとめておきましょう。大切な志望動機ですが、給料面については触れないほうが無難です。適正していると思われる性格やバイトなどの経験もふまえながら、仕事に関する熱意や興味をしっかりと伝えるようにしましょう。

新卒というものは、社会でまだ経験がないので、不安がいっぱいです。もしも、あらかじめ慣れておきたい場合は、新卒紹介派遣利用がいいです。採用前提なので、不安なく働けます。