無理なくバイトを続けていくには?抑えておきたいポイント

職場の雰囲気を確認しておく

バイトをする人は、学生だけでなく本業を持ちながら掛け持ちしている社会人もいます。多くの人が求人を見て応募していきますが、いざ採用されたものの、自分の思っていた雰囲気と違ってすぐに辞めていく人がいるのも事実です。面接時に職場の様子を見せたり体験させたりするところもありますが、仕事内容の説明だけで面接が終わってしまうところもあります。すぐに辞めてしまえば多くの人に迷惑がかかるので、できるだけ職場内を見せてもらい、仕事内容に関しても積極的に質問していきましょう。自分と合わないと思う職場なら採用前に断ることもできるので、事前に確認しておくことが大切です。

自宅からの通勤時間を意識する

バイト探しでは、自宅からの通勤時間に無理がないかというのも大事なことです。学校や本業の勤務先に時間はかかったとしても、バイト先ではこの通勤時間を抑えていかなければ体力的に辛くなってきますよ。これらは、面接時に必ず確認されるので、通勤時間が長ければ採用されない可能性も大きくなってしまいます。自宅から徒歩または自転車で通えることや、交通機関でも短い時間に限定して探していくことがお勧めです。特に女性は、帰宅時間が遅くならない程度に気を付けなければいけませんね。

長期が無理なら短期のバイトを探す

学校や本業をしながらバイトを続けるには、無理のない範囲で働いていかなければいけません。中には繁忙期限定で短期で募集している求人も見かけます。繁忙期は主にお中元やお歳暮の時期の他、年末や年度末などが多いので、学校の夏休みや正月休みなどに合わせて働いていくこともできます。これなら、短い期間に集中して働けるので、人によっては働きやすい仕事にもなります。こういった短期のバイトを探してみるのも、続けやすいポイントとなってくるでしょう。

販売の求人を探す時は、お店の店頭に募集の紙が貼ってあるかもしれませんので、常にチェックしてみましょう。